読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京都生活 ー雨音に惚れてー

東京から京都に越して来て築90年?の家に住んでいます。見に来ていたときに降り出した突然の雨がトタンの部分に当たる音に惚れて決断した家です。おもしろいこと、すてきな場所、京都について感じたことについて綴ります。

リーズナブルに松茸を堪能

寺町通りの、三条通りと交わる少し北に「とり市」というお店があります。

最初聞いたときは鶏肉専門店(かしわ屋さん)かと思いましたが、季節ごとに採りたての旬のものを売るお店です。春は筍、秋は松茸、お正月は千枚漬けなど…

 

2、3週間前から松茸が店頭に並ぶ季節になりました。

 

f:id:k-yoshiko:20151008223047j:plain

 

このとり市さんの向かいには同じ経営の食事処「直會 撰(なおらいせん)」があって、旬の素材を使ったお料理を味わう事ができます。ランチはお手頃価格なので、季節ごとに利用しています。入り口が奥にあるので、ちょっとわかりにくいです。

 

昨日友人とお昼に行ってきました。

せっかくなのでいつもより少し奮発して2800円(税抜き)で松茸てんぷら御膳にしました。

 

f:id:k-yoshiko:20151008224844j:plain

 

 

てんぷらの他にはサーモンのお造りと湯葉、切り干し大根の煮物、お味噌汁と松茸ご飯、お漬け物です。

てんぷらには、なんと、けっこう大きな松茸が3切れも。 松茸ご飯にも松茸がたっぷりはいっています。

その上、お隣のテーブルで豪勢に松茸を焼いているなんともよい香りも楽しむことができて、贅沢なひととき、堪能してまいりました。