京都生活 ー雨音に惚れてー

東京から京都に越して来て築90年?の家に住んでいます。見に来ていたときに降り出した突然の雨がトタンの部分に当たる音に惚れて決断した家です。おもしろいこと、すてきな場所、京都について感じたことについて綴ります。

町屋で日本料理

関東から友人が来て、一緒にランチしようということになった時、さて、どこにしようかと考えてしまいます。

私の友人たちは高級料亭で食事するようなマダムではないし(私もそれにはおつきあいしきれませんし)、かと言って、せっかく京都に旅行に来て、いつもと変わらないランチというのもつまらないでしょう。

そんな時、ここにして正解、と思ったお店、それは、実家が京都の友人に教えてもらった「藤本」さん。数回お友達と行きましたが、皆さん、お世辞でなく喜んでくれました。

 

烏丸通から三条通りを西に少し入って、左(南)にちょっと曲がった路地奥の町家なのですが、最初はちょっとわかりにくくて、近くから電話をして教えていただいたりしました。完全予約制ですが、一見さんお断りなどということはないので、席さえ空いていれば大丈夫です。

 

私はお友達とは大抵ランチなので、ランチですと、懐石が5千円くらい、ミニ懐石が2,900円プラス税です。(2017年7月)

 

1階のカウンター席と2階のお座敷があります。

最初行った時は2階に案内され、町家独特の急な階段をお料理を持ってよく上がれるものだと、友人と感心しました。

 

街中なのに、静かな落ち着いた室内で、本格的なお料理をゆったり味わえて、それにしてはリーズナブルです。

 

一番最近行ったのは7月でしたので、最初のお料理は鉾の形の器に盛り付けて供されました。2階のお座敷でした。

f:id:k-yoshiko:20170917182330j:plain

 

 

屋根をはずすと、

 

f:id:k-yoshiko:20170917182419j:plain

詳細はだいぶ忘れましたが、珍しいところでは、白芋茎(ずいき)の握り寿司というのがありました。

いつも思うのですが、お酒が飲めたらいいのに。アルコール分解酵素を持たずに生まれてしまったのでしかたありません。

 

お椀は確か九州のぐじと胡麻豆腐。もちろん美しい蒔絵の蓋がありましたが、とったところの写真です。

f:id:k-yoshiko:20170917183011j:plain

 

お造りです。なんと、せっかくの京都らしい鱧を、写真を撮る前に食べてしまいました!手前の空間にあったのですが。

f:id:k-yoshiko:20170917183227j:plain

 

焼き物です。鰆だったかな? 忘れないうちにアップすべきでした。御免なさい。

f:id:k-yoshiko:20170917183455j:plain

 

とうもろこしのご飯をおみおつけ。

 

f:id:k-yoshiko:20170917183645j:plain

 

 

そしてデザート。5品の中から好きなものを選べます。いつも全種類いただいてしまいます。

f:id:k-yoshiko:20170917183803j:plain

 

aquadina.com

 

何かの会合で日本料理は堪能した、という人とは、洋の、やはりハズレのないお気に入りのお店に行きます。

 

kyoto-seikatsu.hatenablog.jp

 

 

 

萩の花

萩の花がぽつぽつ咲いているのを見かけたので、梨木神社も咲き始めたかな、と行ってみました。

この前行った御所の方からではなく、北側の道路と御所の間の木漏れ日の歩道を通ってみました。盛夏には暑いことと思いますが、この季節には木陰はひんやりして心地よかったです。

f:id:k-yoshiko:20170915213449j:plain

 

萩の花を見に行くにはまだ早すぎましたが、少し咲き始めていました。

f:id:k-yoshiko:20170915213653j:plain

蝶が蜜を吸っていました。

f:id:k-yoshiko:20170915213736j:plain

白い花もあります。

f:id:k-yoshiko:20170915213815j:plain

 

 

こちらはフジバカマかと思いましたが、どうやらヒヨドリバナという花のようです。

f:id:k-yoshiko:20170915213933j:plain

 

水引草も咲いていました。

f:id:k-yoshiko:20170915214015j:plain

 

この前の空きペットボトルを持参したので、井戸水を頂いて帰りました。

ボトルが白くなるくらい冷たくて美味しそうなのですが、直接口をつけると不衛生になるので、我慢して持って帰りました。

2リットル入りのボトルを何本も持ってきている人もいました。5リットルまで百円と書いてあって、お賽銭箱が設置してあります。

冷蔵庫に入れておいて少しずつ飲んでいますが、美味しいです。お茶をいれても美味しいでしょうね。染の井の水と呼ばれ、京都の三名水のひとつとされていますから。三名水のうち、唯一残っている水なのだそうです。

下鴨納涼古本まつり@糺ノ森

昨日でしたか、「古本まつり」の幟を見かけたので、今日午後から行ってみました。

今日が初日でした。

 

f:id:k-yoshiko:20170811205115j:plain

会場は糺ノ森の中です。

テントの裏手には小川が流れていて、小さいお子さんを遊ばせているお母さんもいました。

 

ずっと向こうまで各古書店のテントが立ち並んでいます。

f:id:k-yoshiko:20170811205339j:plain

 

一番南の突き当たりにはビールとかき氷の売店がありました。

 

整然と本が並べてあるお店。

f:id:k-yoshiko:20170811205511j:plain

かと思うと、いっぱい積み上げてあるお店も。掘り出すのが結構大変そう。

f:id:k-yoshiko:20170811205548j:plain

 

今日は夕立がなくて幸いでしたが、このところ数日間夕方になると雷雨という日が続いていました。期間中はないといいですね。16日までです。

 

読み終わってからどこに置こうかと思うと、ちょっと手が引っ込みがちですが、文庫本1冊と、ちょうどほしいと思っていた古語辞典300円也を買いました。

古語辞典の前の持ち主(高校生でしょうか?)はちゃんと満遍なく、でも丁寧に使っていたようです。

 

糺ノ森は昔から夕涼みの名所だったそうです。直射日光が遮られ、木漏れ日が少し差し込む森は、蒸し暑かったものの、街中に比べたら随分ましです。

扇子かうちわを持って行った方がいいですけど。

100円ごとに一個のスタンプを2000円分集めると、景品をいただけるそうです。

御手洗祭(下鴨神社)

7月22日から30日まで、下鴨神社では御手洗祭が行われました。

私は27日に行って来ました。

 

f:id:k-yoshiko:20170803222333j:plain

朝9時過ぎに行ったら、人もまだ少なかったです。湧き水なので夏でも冷たいのですが、いつにも増して冷たく感じました。膝下ぐらいの深さです。

去年や一昨年は、もう少し深かったような気がするのですが、たくさん人がいたぶん水位が上がっていたのでしょうか。

 

ロウソクに火を灯して水の中を歩いて井上社(御手洗社)の前にお供えします。

こうして穢れを祓って無病息災を願います。

 

f:id:k-yoshiko:20170803223011j:plain

タオルを持って行くか、濡れた足のまま履いても大丈夫なサンダルなどで行くことをお勧めします。

水に濡らすと文字が出るおみくじもありました。

 

葵祭斎宮代が禊をするのもこの池です。

ちなみにみたらし団子はこの水が湧き出る時の泡を模したものだとか。

 

地場野菜がお供えしてありました。

f:id:k-yoshiko:20170803223243j:plain

 

一旦外に出ましたが、鴨長明の方丈の庵を見に行くことにしました。

下鴨神社にはいくつか神社やお社がありますが、庵を復元したものは、河合神社の中にあります。道路の側から見たところです。

 

f:id:k-yoshiko:20170803223348j:plain

 

f:id:k-yoshiko:20170803223804j:plain

f:id:k-yoshiko:20170803223828j:plain

 

1丈(約3,3m)四方のワンルームに囲炉裏。鴨長明は、今でいうミニマリストでしょうか。

 

 

 

 

祇園祭は還幸祭もお忘れなく

後祭の山鉾巡行は、用事ができてしまって行けませんでした。

用事が済んでから御池通に行ってみると、山鉾はすでに通り過ぎ、花傘巡行の最後をちょっとだけ見ることができました。

f:id:k-yoshiko:20170728155433j:plain

祇園の各花街の芸妓さん、舞妓さんです。

f:id:k-yoshiko:20170728155714j:plain

人垣の後ろからなのであまりよく見えなかったものの、ちらっとでも見られてよかったです。鷺踊の子供達も人の隙間から見えました。羽を広げると、歓声が上がりました。

 

夕食後、還幸祭のお神輿とお祭りの夜の町を少しでも見たいと思って出かけました。

8時半ごろだったと思います。

烏丸通三条通の交差点で、中御座神輿を先導する久世駒形稚児の一行が通りました。

稚児は馬に乗っていました。

三条通を西に進むと、復興準備中の鷹山のお囃子が聞こえてきました。

鷹山は豪華な曳き山だったそうです。

f:id:k-yoshiko:20170728160957j:plain

ごめんなさい、知識も技術もなくてボケボケ写真です。雰囲気だけご覧になってください。

お囃子を聞いているうちに、中御座神輿がやってきました。

f:id:k-yoshiko:20170728161118j:plain

東京と違って「ほいっと、ほいっと」という掛け声、担ぎ手は男性だけ、独特な熱気、これを見ずして山鉾巡行だけで帰ってしまってはもったいないです。

ずっと追いかけて行きたくなってしまいます。

が、今年はおとなしく帰りました。

f:id:k-yoshiko:20170728161811j:plain

提灯の灯る夜の風景も良い感じです。

f:id:k-yoshiko:20170728161906j:plain

京都に祇園祭を見に来られる方は、ぜひ、もう一泊して還幸祭もご覧になることをお勧めします。

鷹山は復興事業のご支援を募集しています。

www.takayama.or.jp

 

 

宵山 役行者山の護摩焚き

午後2時から役行者山で聖護院門跡の山伏が護摩を焚くというので、行って見ました。

役行者とは、山伏の親玉」と誰かが説明しているのが聞こえましたが、修験道の開祖だそうです。

2年前くらいに通りかかった時は、それほど苦労しないで見ることができたように思うのですが、今回、北側から行ったのが失敗でした。南から行かないと、何をしているのかほとんど見えません。

私が着いたのは10分前くらいになってしまったので、すでにたくさんの人が。

f:id:k-yoshiko:20170724230441j:plain

 

山伏たちが町会所の御神体のところに入って行って、しばらくして出てきました。

腰に毛皮をつけています。女性もいました。

 

 

f:id:k-yoshiko:20170724230744j:plain

まず、山伏問答により、本物の聖護院門跡の山伏かどうか確認します。

質問に対し、丁々発止で答えます。歌舞伎の勧進帳みたい!と思いましたが、そういえば勧進帳義経と弁慶一行が山伏になりすまして安宅の関を通ろうとする話ですから、勧進帳の方が山伏問答を取り入れたのですね。元々は能ですが。

 

読経と護摩焚きが始まると、煙がもうもうと立って、風下にいたので煙かったです。

家に帰っても煙の匂いが鼻から取れない感じ。

f:id:k-yoshiko:20170724231551j:plain

儀式終了後に、檜葉や御幣をいただいて帰ると厄除けになるそうです。12時ごろから行っていないと無理と近くの方が話していたので、諦め、鯉山を見に行きました。

鯉山もご存知のように鯉は滝も登るといわれていることから、縁起が良いのと、立派なベルギー製タペストリーがあるので人気があります。

 

f:id:k-yoshiko:20170724232807j:plain

 

近くのお家がまだ屏風祭をやっていてくださったので、見せていただきました。

外から見えるようにいつもは開けていない戸口や窓から見せてくださっているんです。

毎年見せていただいていますが、中庭が涼しげな素晴らしい建物です。

f:id:k-yoshiko:20170724233126j:plain

f:id:k-yoshiko:20170724233136j:plain

 

f:id:k-yoshiko:20170724233209j:plain

窓からは金屏風と生花、鉾の飾りが見えます。奥のお座敷には食卓が設えてあります。

京都生まれの人の話では、下々に屏風など見せ、奥では仕出し屋さんからお料理をとって、客人や親戚などと会食をするのものなのだとか。

 

さて、提灯に火が灯ると風情が増すのですが、人がますます増えて身動きが取れなくなりますし、猫たちが待っているので、帰ることにしました。

f:id:k-yoshiko:20170724234306j:plain

 

前祭の月鉾はもう解体されてこの中で、来年の出番を待っています。

f:id:k-yoshiko:20170724234207j:plain

 

 

 

 

 

 

 

橋弁慶山曳き初めと黒主山

橋弁慶山の曳き初めを見学しました。

蛸薬師通烏丸通から少しだけ西に入ったところにあります。

 

11時開始の5分前ぐらいに着くと、ご神体の弁慶と牛若丸の人形はもう載っていましたが、準備が続いていました。

f:id:k-yoshiko:20170721223910j:plain

昨日曳き初めをした他の山は一般人の参加もできたようですが、ここは関係者のみ。というのは、この山は綱を引くのではなく、直接持つからなのですね。

車輪が付いているので、まっすぐ進むときはまあ簡単と思いますが、辻回しはかついで行うので力が必要です。

 

準備が整い、「黒主山」と書いたTシャツを着た関係者の方々が担いで道の真ん中に移動させました。

f:id:k-yoshiko:20170721224313j:plain

 

先頭をドラを叩く人が歩き、和服に黒紋付の羽織の男性、その後ろに橋弁慶山が進みました。

信号が変わるのを待って、烏丸通の真ん中まで出ると、肩に担いでぐるっと方向転換。

f:id:k-yoshiko:20170721225039j:plain

 

町会所の前を一旦通り過ぎ、室町通?まで行って、もう一度辻回し。

その間に、町会所の前に、長い竿の先がさすまたみたいになっている道具を持った男性が現れて、電線を持ち上げました。

f:id:k-yoshiko:20170721225602j:plain

そこに山が戻って来ました。

f:id:k-yoshiko:20170721225707j:plain

戻って着た山は町会所にぴったり沿うように置かれました。

 

見ていなかったのですが、多分弁慶と牛若丸は屋内に移動したことと思います。

暑い中お疲れ様でした。

 

近くには登竜門を意味する鯉山があり、タペストリーなどの宝物を拝見するのがお勧めですが、今日は時間がなかったので、そのまま黒主山にうちわを買いに行きました。

黒主山です。

 

f:id:k-yoshiko:20170721230052j:plain

 

桜の花が目印です。厄除けちまきにも桜の花がつけてあります。

 

黒主山はマンションの一階にあります。

f:id:k-yoshiko:20170721230310j:plain

関係者の「イナ・バウアーと言われてるんですよ」に、「ほんとだ、イナ・バウアーみたい」と拝観者が言ってました。少々古いけど、言われてみればそうですね。

桜を見上げているのだそうです。

京都の地場野菜やお餅が備えられていました。タペストリーなどは巡行の当日には山を飾ります。

 

黒主山には泥棒よけのご利益があるそうです。悪事よけとも。

山を飾った桜は翌年の厄除けちまきの飾りになるそうです。

 

うちわはこちら。柄と形が違うものと2種類ありました。

f:id:k-yoshiko:20170721231440j:plain

 

歩いていくと、役行者(えんのぎょうじゃ)山がありました。

f:id:k-yoshiko:20170721231557j:plain

ここでは23日に聖護院の山伏が護摩を焚きます。保存会のホームページによると午後2時ごろだそうです。儀式に使われた檜葉や御幣をいただいて帰ると厄除けになるとのことです。