読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京都生活 ー雨音に惚れてー

東京から京都に越して来て築90年?の家に住んでいます。見に来ていたときに降り出した突然の雨がトタンの部分に当たる音に惚れて決断した家です。おもしろいこと、すてきな場所、京都について感じたことについて綴ります。

風流人の楽園・渉成園

烏丸七条の手芸洋品店で会員セールをやっていたので、気候も良いことですし、自転車で出かけました。

東本願寺近くに差し掛かった時、「←渉成園」の表示が目に入りました。

渉成園のことは、友人が以前言っていたのを思い出し、ちょっと立ち寄ることにしました。

近辺には法衣店、念珠屋さん、全国から浄土真宗の信者さんたちが東本願寺に一度はお参りしたいと集まってくるので、旅館などが軒を連ねています。

 

渉成園は、東本願寺12代・宣如上人が徳川家光により寄進された土地を隠居所と定め、14代以降歴代の隠居所となっていたそうです。東本願寺勢力の大きさが感じられますね。

渉成園」の名は、陶淵明漢詩「帰去来辞」の「園、日に渉って以って趣を成す」からとったそうです。

 

 

池泉回遊式庭園に建物が点在しています。

 

大人500円以上、高校生以下250円以上の庭園維持寄付金で入園することができます。お礼としてなかなか立派なパンフレットがいただけるので、500円ではなんだか申し訳ない気になってしまい、ほんの少しだけですが足してしまいました。

 

パンフレットも2種類ありましたが、初めての人用の方をいただきました。

色々な石を組み合わせた面白い石垣があって、それに沿って左に行くと、入り口があります。

f:id:k-yoshiko:20170430222808j:plain

 

パンフレットの最初の方に載っているMAPを見ながら回れば見落としもなく見所を回れたはずですが、私は最初見なかったので、順不同になってしまいました。

 

両側に階段がある変わった建物がありました。傍花閣です。

 

f:id:k-yoshiko:20170430222917j:plain

階上は四畳半の部屋になっているそうです。なんだか風流であると同時に童心に帰って楽しめそうな建物です。

周囲では眩しい新緑の間で鶯が囀っています。

 

歩いて行くと、目の前が開けて、池に向かって座っている人たちもいました。

池には島があって、お茶室があります。

f:id:k-yoshiko:20170430223234j:plain

後ろのビルとクレーンがガッカリですが…

 

池にも菖蒲や睡蓮があるので、その季節もきれいなことでしょう。

 

f:id:k-yoshiko:20170430230027j:plain

 

池を見渡す位置に立派な建物がありました。1865年頃に再建されたろう(門がまえに月)風亭です。ろう風とは中国の崑崙山脈の頂部にあるという山の名前だそうです。その山には仙人が住むと言われているそうです。

畳を外すと能舞台になるとのことです。

 

一旦入り口方向へ戻って歩いて行くと、橋が見えました。島に渡る橋です。

f:id:k-yoshiko:20170430230736j:plain

 

かつては来客の折にはこの橋に金灯篭を釣ってお迎えしたそうです。

 

島にはお茶室と、塩を製造する塩釜に形が似ている井戸や、全国の「塩釜の手水鉢」のお手本と言われる、宝塔の塔身を転用した手水鉢がありました。手水鉢も鎌倉時代の制作と、古いものです。

f:id:k-yoshiko:20170430231232j:plain

 

茶室、板の間、上段の間です。造られた当時は東山の方まで見渡せたようです。

 

庭園内は飲食禁止ですが、のんびりと四季折々の花を眺めたり、茶人が楽しんだ建物を眺めたりしながら散策できるので、また別の季節にも行ってみたいと思います。

見落としたところもありそうですし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

京のパワースポットのひとつと言われる 大将軍八神社

たまたま図書館の本で大将軍八神社の方徳殿が5月1日から5日まで公開になっていると知ったので、早速行ってみました。

 

5月の他に11月1日から5日にも公開されます。それ以外でも予約すれば拝観できるようです。

 

前にも書きましたように、現在の御所は烏丸通の方にありますが、平安時代には今の千本通(当時は朱雀通)にありました。

 

近くに行くと、こんなお店が。

f:id:k-yoshiko:20170502140649j:plain

f:id:k-yoshiko:20170502140709j:plain

 

大将軍商店街は妖怪ストリートとしてイベントなどやっているのでした。

昔ながらの洋品店、大きな金魚が水槽にいる金魚や鯉のお店、コロッケ、お漬物、パンなどちょっと懐かしい商店街です。

kyoto-taisyogun.com

f:id:k-yoshiko:20170502141359j:plain

大将軍八神社です。

 

本殿にお参りしてから方徳殿(宝物殿)に行きました。

 

1階には平安中期から鎌倉時代のご神像が安置されています。武装像50体、

束帯像29体、童子1体です。武装像は皆、眉間に八の字のシワを寄せ、眉を釣り上げ、目を大きく開いて睨んでいますが、束帯姿の文民?はそれぞれ実在のモデルがいるのではないかと思わせるような個性あるリアルな表情をしています。

 

宮司さんの説明によりますと、御所を守護する神社が四方に招請され、今に残るのは北西の角(陰陽道の天門)の、この大将軍とのことです。

御所を作るにあたり、北に船山、南には干拓で農地になった巨椋池と、山と水がある地が選ばれたそうです。

 

2階にはひっそりと平安時代のお不動様の木像があるのですが、神仏混淆だったからということです。第2次大戦頃の外来の神様がいけないとなった時代に、大将軍神及び八将軍神と、スサノオの命とその神子八神を習合して、「大将軍八神社」となったのだそうです。

 

元々の大将軍とは、陰陽道道教の信仰による方位を司る星神で、方徳殿には陰陽道関係の資料も展示されています。陰陽師の仕事というのは、本来は、暦を作ることだそうです。

地球儀のような天球儀も展示されていました。この大きさのものは日本に3つしかないそうで、その内の一つとのこと。球の中心から空を見上げて見える星が記されているけれど、日本から見えない星はそこにはないそうです。

 

大将軍八神社は、現在も建築・移動・婚姻・旅行・交通等の厄除けの神様として信仰を集めています。

私は、長期旅行の前に、友人がここのお守りをいただいてくれました。

 

 宮司さんによりますと、昔の御所の南東には大きな池があり、その一部は神泉苑に残り、一部は二条城のお堀に使われたそうです。

 

 

 

レトロな美しさの平安神宮の桜

平安神宮は修学旅行か観光バスが行くところ、と思ってませんか?

実は私、そう思っておりました。京都の人は平安神宮にはあまり行かないようですし、首都が東京に移ってしまってからのものなので、神社仏閣の中では新しく、最初から観光客目当てと思われているような。

 

ウン十年前の小学生の時に祖母達と乗った観光バスでも、中学の修学旅行でも、社会人一年生の時に友人と友人のペンフレンドのドイツ人と一緒に行った時も、庭は見た覚えがありません。広く敷き詰められた少し埃っぽい白い砂利の上を朱と緑の鮮やかな建物を見ながら歩いた記憶があるのみでした。

 

最近になって初めて平安神宮には小川治兵衛という有名な作庭家による庭があると知りました。そこに枝垂れ桜があることも。

 

というわけで、昨日行って見ました。

自転車で鳥居の前は通っていましたが、鳥居をくぐってみると、昔見た時より朱色と緑の派手さがだいぶ治まってきたような気がします。

別の言い方をすれば風雪に晒されたのですね。

 

f:id:k-yoshiko:20170414215716j:plain

とはいえ、まだまだ華やかです。

 

夕方4時ごろだったせいか、それほど並ばず拝観券が買えました。

 

神苑(庭)の入り口からすでに花盛りの桜が見えました。

f:id:k-yoshiko:20170414215848j:plain

 

神苑は東西南北に分かれていますが、最初は南神苑です。

 

f:id:k-yoshiko:20170414220001j:plain

「日本で最古の電車」が置いてありました。明治28年(1895年に京都電気鉄道が運行したものとのことです。

 

松やその他の緑の木々と桜が取り混ぜて植えてあって、桜ばかりが並んでいるのとはまた別の美しさです。地面には多種の草花が植えてあって(今はあまり咲いていませんが)名札と説明がありました。

 

f:id:k-yoshiko:20170414220759j:plain

池に映る桜もきれいです。

 

 

f:id:k-yoshiko:20170414220843j:plain

 

西側に木立があるので、日陰になっています。ここの写真を取りたい方は、もっと早い時間(正午とか?)にいらっしゃるといいかと。

 

この庭を出て花のない木立の間をしばし歩くと、大きな池のあるところに出ました。

菖蒲がたくさんあって、その季節もきっと風情があると思います。

 

f:id:k-yoshiko:20170414222145j:plain

 

歩いて行くと、丸い飛び石が渡れるようになっている所があって、外国からの観光客が楽しそうに渡っていました。

 

 

さらに進んで行くと、景色が変わって、ひと昔前の「京都の絵葉書」そのものが現れました。

f:id:k-yoshiko:20170414221841j:plain

 

もう少し屋根が反っていたら、中国の公園に似ていなくもないです。

 

普通の小さなチケット1枚きりで簡単な案内図も付いていなくて、それぞれの庭が一度に見渡せるようにはなっていないので、どういう構造になっているのか、方向音痴の私には、よくわかりませんでした。

 

それにしても一度は見ておいて損はない平安神宮神苑でした。

 

 

 

 

祇園でフレンチと円山公園の桜

醍醐寺に一緒に行ったお友達と昨日はランチしました。

いつも観光客で賑わう花見小路の最初の道をちょっと右に入ったフレンチのお店です。

外は京都らしい町家に、生成りに青くお店の名前を染めたのれんがかかっています。

キャレ・ド・ミューという名ですが、横文字でアルファベットのMみたいなミュー

という字が大きく書いてあります。ミューとはギリシャ文字らしいです。

1階はカウンター席になっています。

 

2階のテーブル席に案内されると、純和風の外見とも1階とも別世界の、梁も壁も真っ白の明るい部屋になっています。階段と2階の廊下から、1階の厨房でシェフが腕をふるっているところがガラス越しに見えます。

 

各テーブルには小さな白いデンファレ

水のコップの薄いグリーンも爽やかです。

お料理の器もガラス器を多用していますが、それが透明にキラキラ光るように照明も凝っています。なので、南仏とか地中海みたいな(行ったことありませんが)気分になります。

 

細長いグラスに暖かいスープと冷たいスープが層になっていたり、緑の野菜で飾られたホタルイカが載ったアスパラのババロアにその場でオレンジ色のガスパチョをかけてくれたり、料理も工夫を凝らしていますし、見た目も色どりも綺麗です。見た目だけでなくお味も美味しいんです。そしてお値段はこんなに楽しませてもらって大満足なのにリーズナブルだと、お友達も大喜びでした。

 

私は3回目ですが、今回は季節に合わせて箸置き(ナイフとフォーク、箸が置いてあって好きな方を使えます)はガラスの桜、食後の口直しのグラニテは桜とココナツミルク、ワゴンサービスで選べる(全種類でも!)デザードの中にも桜のロールケーキがありました。

 

自分のための記録としても写真を撮りましたが、腕が悪い悲しさ、あまりにも実物の美しさ美味しさと程遠いので、載せないでおきます。ブログに載せていいかどうかも聞いておかなかったことですし。

 

お友達が円山公園の可哀想な桜を見てから、新幹線に乗って帰るというので、そぞろ歩いて行きました。

白川もついでに見ようかと思ったのですが、思ったより遠かったので途中で気が変わって、知恩院の前を通って円山公園に行きました。

知恩院前では色々な国の人たちが記念写真を撮っていました。イスラム教徒らしき女性ばかりの団体さんもいました。

醍醐寺を拝観したあと、もう他の桜を見ても感激しなくなってしまったかも、と二人で言っていたのですが、そんなことはありませんでした。ソメイヨシノはあまり見なかったですし。

f:id:k-yoshiko:20170408170431j:plain

 

円山公園は予想どおり、多国籍の観光客が桜を楽しんでいました。

有名な枝垂れ桜が少し小さくなった気がするのは、醍醐寺の大きな木を見たあとだからでしょうか。やはりカラスにつつかれるせいなのでしょうか。

f:id:k-yoshiko:20170408171319j:plain

 

円山公園も綺麗でしたよ。

 

f:id:k-yoshiko:20170408171451j:plain

 

 

 

醍醐の桜!

急に京都に来ることになった友人が、数十年ぶりに醍醐寺に行きたいというので、一緒に行くことになりました。昨日(4月6日)のことです。

 

今年は桜の開花が遅めなので、どの程度咲いているか少し心配でした。

地下鉄東西線醍醐駅で待ち合わせましたが、地下鉄に乗っていたほぼ95%の人が醍醐で降りました。みんな行き先は同じだったのですね。

 

地上に出ると、ボランティアの方達が道案内をしてくださっていました。

バスもあったのですが、歩いても15分ということでしたので、歩くことにしました。

 

友人は着物が大好きで遊び着も着物なのですが、最近は低反発草履というのがあるそうで、15分くらい全然平気ということでした。何しろ徒歩で四国のお遍路も結願した人です。

 

みなさん目的地が同じなので、道に迷う心配もなく、無事到着。

門前にも桜があってきれいに咲いています。

f:id:k-yoshiko:20170407222608j:plain

でもこれはほんの序の口。

 

拝観券売り場は長蛇の人でした。

見ると、臨時売り場というのがあり、あまり人がいなかったので、本当にそこで買えるのかしらと思いながら行って見たら、大丈夫だったので、ほとんど待たずに入れました。

前に来た時から印象的だったしだれ桜と他にも桜がほぼ満開でした。美しい。

f:id:k-yoshiko:20170407222813j:plain

けれど、絢爛豪華な桜の饗宴にはまだまだ先がありました。

 

大玄関から建物の中に入ると、国宝の表書院があり、池に苔の生えた橋を配した庭園が見事でした。太閤秀吉自らが基本設計をしたものだそうです。

 

f:id:k-yoshiko:20170407223317j:plain

 

醍醐寺には醍醐・朱雀・村上の三代の天皇が帰依されたため、菊の御紋と、秀吉の五七の桐の紋があちらこちらにありました。

 

通常非公開の本堂は別料金でしたが、せっかくなので拝観しました。快慶の弥勒菩薩が祀られています。

 

この三宝院エリアを出て、先に進み、仁王門に向かいました。門前の桜、門の向こうにはモミジの新芽が春らしくて素敵でした。

f:id:k-yoshiko:20170407224020j:plain

 

紅白の幕が張られた道を辿ると、広い敷地に金堂があり、滅多に見ない高さのしだれ桜、そこここに種類の違う桜があって、別天地でした。

951年に完成したという五重塔にも絵葉書か何かのように桜がマッチしていました。

f:id:k-yoshiko:20170407225322j:plain

不動堂、祖師堂、西国第十一番札所である観音堂、弁天堂などを拝観しながら庭を巡りました。

f:id:k-yoshiko:20170407225617j:plain

最後に霊宝館エリアに行きました。

そこにも桜の木が何本もあり、濃淡の違う花が一層の美しさでした。

平成館で仏像や絵画などを拝見してから外に出て、何本もの花盛りの桜を楽しみました。平成館から見えた大きなしだれ桜も。

f:id:k-yoshiko:20170407230203j:plain

これで全部だろうと思うとさらに立派な桜がある、ほんの一部しかお見せできていませんが、本当に贅沢極まりない時間を過ごすことができました。

 

タイミングの良い時期に訪ねることができたことを二人して仏様に感謝しつつ、駅ビルで遅い昼食をとって帰りました。

 

f:id:k-yoshiko:20170407230734j:plain

 

f:id:k-yoshiko:20170407231915j:plain

f:id:k-yoshiko:20170407231955j:plain

 

 

 

 

 

 

岡崎(京都市内)の桜

昨日は岡山に行こうと思ったのですが、電車に乗り遅れたので、府立図書館に行ってみよう、と思い立ち、地下鉄東西線の蹴上に降り立ちました。

道沿いに桜並木がありますが、まだほとんど咲いていませんでした。

 

地下鉄の階段を上がってすぐ、道路の向かいに見えるトンネルは大きな負荷に耐えるように捻ったようにレンガが積んであるので、ねじりまんぼと呼ばれています。

f:id:k-yoshiko:20170405220221j:plain

土手の上には線路があります。

トンネルを掘って琵琶湖から水を引くと同時に、舟がここ蹴上から南禅寺船溜までは陸上を通るように線路が引かれ、今は使っていないものの残されているので、たどって歩くことができます。昨日はお天気も良かったので、結構たくさんの人が歩いていました。

 

舟は当時、台車に乗せてワイヤーロープを巻き上げて移動させていました。

琵琶湖からこの線路(インクライン)までのトンネルの中は真っ暗だったので、ロープを伝って舟を進めたとか。

ろくに機材もない頃に、大変な難工事で、犠牲者も出たようです。

 

f:id:k-yoshiko:20170405221025j:plain

土手の桜が開花したら綺麗でしょうね。

写真を撮り忘れましたが、左手には今も電気を供給している水力発電所があります。

また、疏水記念館の噴水は、電気を使わずに琵琶湖からの高低差だけで吹き上がっているそうです。

だいぶ咲いている木もありました。

f:id:k-yoshiko:20170405221703j:plain

 

動物園の小ぶりな観覧車がレトロでのどかです。

f:id:k-yoshiko:20170405221521j:plain

 

京都は都会でありながら山に囲まれ、自然が豊かなところが好きです。手前は琵琶湖疏水です。

 

友人が前に連れて行ってくれた動物園近くのごぼうの天ぷらをたっぷり載せたお蕎麦のお店、まだ11時になるかならないかだというのに、もう人が並んでいました。

 

府立図書館です。ご覧のとおり、古い建物の外観を残し、新しく建てられています。中は撮影禁止なので残念でしたが、螺旋階段と光がなかなか素敵でした。

 

f:id:k-yoshiko:20170405222245j:plain

 

 

出町ふたばはやはり混んでいました

昨日、おはぎを買いたくて、出町のふたばさんに行きました。

(春はぼた餅、秋はおはぎと言うそうですが、うちでは季節に関係なくおはぎと呼んでいましたし、お店にも「おはぎ」と買いてありました)

 

朝一番でと思っていたのに、遅くなり、11時過ぎてしまったら、すでに行列ができていました。

みなさん豆餅(豆大福)に何かプラスして買っていました。

 

f:id:k-yoshiko:20170320230849j:plain

 

f:id:k-yoshiko:20170320230553j:plain

 

お店の幅で行列が折り返していたのですが、5重にもなっていました。

40分ぐらいかかったでしょうか。そんなことではないかと電子書籍を持って行ったので、読みながら待ちました。

 

私は豆餅はつぶあんときな粉のおはぎ(こしあん入り)、それに加えて、ひな祭りに食べるのを忘れた桜餅にしました。

包装紙もいつものと違う桜色のでした。

 

f:id:k-yoshiko:20170320230959j:plain

 

f:id:k-yoshiko:20170320231049j:plain

どれも美味しゅうございました。

 

もちろんいっぺんに食したりはしておりません。でも、賞味期限が写真にも写っている通り「本日中」でしたので…

甘いもの食べすぎです。

 

8時過ぎから電話を受けてくださるそうですので、予約しておけば並ばずに買えます。

でも、2個や3個ではなんだか気が引けますね。